会社案内

社長挨拶

株式会社 ねじのスーパー大和 代表取締役 木村茂宇
ねじのスーパー大和は、現状に甘んじることなく常に新しいことへ「チャレンジ」し続けます。

日本のねじは、ポルトガル人による鉄砲伝来からその歴史が始まりました。
それから400年以上を超えた今日、未だにねじと無関係な産業はありません。

そのようなねじを事業として始めたのが1974年。
現在のようなホームセンターがまだ一般化されていない時代に、スーパーマーケット形態によるねじの販売から当社はスタートいたしました。

以来ねじの販売だけに留まることなく、その後は部品の機械加工へと参入し、現在では精密部品の加工まで事業の幅を拡大しております。

現状に甘んじることなく、常に新しいことへ「チャレンジ」をすること。
ねじ・部品に対する40年以上の経験とノウハウを基に今もなお「チャレンジ」し続けることで、製品とサービスに安心と信頼という付加価値を加え、お客様のニーズに応えて参りました。

これからも社員とともに「チャレンジ」し続け、お客様のベストパートナーとして発展していきたいと考えております。

変らぬご支援とご愛顧をたまわりますよう、お願い申し上げます。

経営理念・行動基準

お客様・調達先様・従業員の皆様との共存共栄を企業活動の原点として、常に商品のサービスと加工技術を探求し、「エコアクション21」活動を通じて地球環境にやさしい、社会の健全な発展に積極的に貢献します。

  • お客様・調達先様・従業員の皆様との共存共栄
  • サービスと加工技術のさらなる追求
  • 地球環境に配慮し、社会の発展に貢献できる企業へ

会社概要

会社名 株式会社ねじのスーパー大和
本店所在地 〒457-0802 愛知県名古屋市南区要町五丁目94番地
電話 : (052)612-3060
FAX : (052)613-2864
営業所(千葉営業所) 〒263-0004 千葉県千葉市稲毛区六方町236-1
電話 : (043)422-7802
FAX : (043)421-2438
南野工場 〒457-0068 名古屋市南区南野二丁目315番地
設立 1974年2月
資本金 3,300万円
従業員数 20名
役員 代表取締役社長 木村 茂宇
専務取締役 木村 亮
事業内容 ・ねじ類の販売
ボルト・ナット・ワッシャー等の卸し及び販売
・機械加工部品の製作・販売
NC旋盤・汎用旋盤・フライス・マシニング等を使用した機械加工部品の製作・販売
主要取引先業種 建設機械製造メーカー
大型クレーン製造メーカー
自動車生産ライン製造メーカー
合板機械製造メーカー
ダンボール機械製造メーカー
搬送機製造メーカー
航空機関連冶具製造メーカー
主要取引銀行 名古屋銀行 鳴尾支店
東京三菱UFJ銀行 柴田支店
資格取得 エコアクション21 認証・登録番号:0005639

沿革

1974年(昭和49年)2月 株式会社ねじのスーパー大和を資本金900万で名古屋市南区上浜町に設立
1985年(昭和60年)4月 本社を南区南野に移転し、新たに工場を立ち上げ本格的に機械加工を始める
1987年(昭和62年)4月 ボール盤、汎用旋盤を導入
1989年(平成元年)8月 モリ精機製NC旋盤を導入
1989年(平成元年)10月 資本金を1800万に増資
1996年(平成8年)7月 ラジアルボール盤を導入
1997年(平成9年)9月 ポリゴンマシンを導入
2000年(平成12年)8月 汎用旋盤を導入
2002年(平成14年)3月 木村茂宇 代表取締役に就任
2003年(平成15年)5月 ヤマザキマザック社製立形マシニングを導入
2004年(平成16年)3月 CAD.CAMを導入
2004年(平成16年)6月 ヤマザキマザック社製 NC旋盤(複合機)導入
2006年(平成18年)8月 山崎技研社製NCフライスを導入
2007年(平成19年)4月 本社・工場を南区要町に移転
2008年(平成20年)9月 山崎技研社製マニシングを導入
2010年(平成22年)9月 エコアクション21 認証取得
2014年(平成26年)3月 資本金を3,300万円に増資
2014年(平成26年)8月 南野工場を新設
2014年(平成26年)8月 ミツトヨ製3次元測定器 M554を導入
2015年(平成27年)9月 オオクマ製 五軸加工機 MU-5000Vを導入
2016年(平成28年)11月 ブラザー製コンパクトマシニング S500X1Nを導入

機械加工による部品製作、ねじ・ボルト類の販売に関するご相談はこちら

お問い合わせ