お客様への提案例

提案例のご紹介

図面通りに正確に製作するだけではなく、お客様にとって最適な製作方法を提案できる経験とノウハウが大和にはあります。
ここでは弊社からお客様への提案の一例をご紹介します。

ご依頼内容

  • ・熱処理硬度はHRC40~45
  • ・材料はSCM435
  • ・ねじのサイズはM48
  • ・部品頭部にφ45mm穴加工

大和からの提案内容

お客様がどの部分を重要とし、どの部分なら変更可能かを、図面とヒアリングから見極めます。
その結果、大和から以下の提案をいたしました。
1.頭部を球面使用 2.材料はSCM440を使用 3.熱処理高度はHRC30~38
加工部分

大和の提案で製作した場合 素材は「市販されているSCM440 熱処理済網(HRC30~38)φ120×303」を使用

01.旋盤にて頭部球面加工、及びφ50部とネジ切り加工
02.マシニング(フライス)にて頭部を加工
03.マシニング(フライス)にて頭部に穴加工
完成

提案の結果、これだけのコストカットを実現できました。

コストカット1

頭部を球面使用にすることで、使用する材料を小さくでき、マニシングの加工工程をカット

コストカット2

熱処理硬度HRC30~38のSCM440が既製品で存在するため、材料を低コストにおさえ、熱処理の工程をカット

図面通りに製作した場合 素材は「SCM435 φ130×303」を使用

01.旋盤にて粗引き加工
02.熱処理
03.旋盤にてφ50部とネジ切り加工
04.マシニング(フライス)にて頭部を50に加工
05.マシニング(フライス)にて頭部をR60に加工
06.マシニング(フライス)にて頭部に穴加工
完成
部品に関する様々なノウハウを駆使し、何が本当に必要なのかを適切に見極め、お客様に合ったご提案をいたします。部品製作に関する加工方法やコストにお悩みがございましたら、ぜひ「ねじのスーパー大和」へお問い合わせください。
  • 製作実績と機械設備→製作部品例や、自社工場と協力工場の機械設備を紹介

機械加工による部品製作に関するご相談はこちら

お問い合わせ